相続税のやさしい教科書について

相続税とは

相続税とは、亡くなった人が持っていた財産(相続財産)を相続や遺言によって受け取ったときに、受け取った人が国に納めることになる税金のことです。
誰にでもかかるというわけではなく、一定の財産額を超えた場合にかかるものです。

第一章 相続税の基本

相続税がはじめての人でも知っておきたい内容として、最初に納税するかしないかの基準となる「相続税の基礎控除額」を知っておきましょう。その次に知っておきたい内容は

  • ・相続税は誰に、どんな財産にかかるか?
  • ・相続税がかかる?申告が必要か?どうかの判定方法
  • ・相続税の計算方法

の3つです。
初めての人でもわかるように、図解などを用いながら解説しておりますので安心してお進みください。

第二章 相続税の申告・納付でお悩みの方へ

相続税の申告と納付をするときに知っておきたい情報をまとめてみました。どういった方法で行うのか、必要になる書類、納められないときはどうするのかなど、もしものときのために知っておきましょう。

第三章 相続税の評価額

  • 相続税評価額とは?
  • 時価の評価が必要な財産について
  • 生前贈与を受けているとき
  • 相続財産を受け取りたくないとき
  • 相続税が払えない場合

第四章 相続税の控除

  • 相続税の控除まとめ

第五章 遺言書があった場合

  • 遺言があった場合

終章  まとめ

  • まとめ

ここでご紹介したものはあくまでスタンダードな流れであり、必ずしもすべての方に当てはまるわけではありません。
相続は、その人の置かれた状況ごとに非常に細かく変わります。知識の穴埋めとして参考にして頂けるのはうれしいことですが、当てにしすぎて間違った申告を行い不利を被ったとしても、幣事務所は責任を負えませんのでご了承ください。

相続税のやさしい教科書記事一覧