新型コロナによる持続化給付金のよくある申請不備まとめ【札幌大通駅直結の税理士事務所】

*本記事は令和269日時点の情報を基に作成しています。

こんにちは。

5月1日より持続化給付金の申請がスタートしました。

給付金は審査完了次第、速やかに給付手続が実行されているようですが、申請内容に不備のある場合など、給付までに一定の時間を要する場合があります。

申請後に、以下のようなメールが届いておりませんでしょうか?

このようなメールが届いた場合、下記内容により解決できます。

申請の中で「よくある不備」をまとめましたので、申請及び不備の修正を再申請するにあたり、申請前の確認にご活用頂ければと思います。

 

添付データ形式

各データの保存形式はPDF、JPG、PNGとなります。

 

添付書類全般に係る不備

①添付ファイルにパスワードが設定されている
②画像がぼやけて情報が判読できない
③撮影の角度により、必要な情報が撮影範囲から見切れている

②ぼやけている

(写真がぼやけている場合、法人番号や売上を読み取れないケースがあります。)

 

確定申告書類等に係る不備

①確定申告書の第一表ではなく、消費税の確定申告書が添付されている
②該当する年度のものではない古い確定申告書が添付されている
③申請画面で入力した売上と、確定申告書に記載されている売上が異なる
④法人概況説明書1枚目に売上の記載がない
⑤法人概況説明書の2枚目に月別の売上の記載がない
⑥収受日付印がない
⑦e-taxの受信通知がない

④~⑦については代替措置が設けられておりますので、申請のガイダンスをご確認ください。

 

⑥参考:収受日付印例

⑦参考:e-taxの受信通知

中小法人向け
https://www.jizokuka-kyufu.jp/doc/pdf/r2_application_guidance_company.pdf

個人事業主向け
https://www.jizokuka-kyufu.jp/doc/pdf/r2_application_guidance_proprietor.pdf

 

売上台帳に係る不備

①売上台帳の売上と、対象月の売上が一致しない
②売上台帳の月と、対象月が一致しない
③今年の対象月の台帳ではなく、昨年の売上台帳を添付している

 

お問合せ先

持続化給付金事業 コールセンター

0120-115-570

03-6831-0613(通話料がかかります)

【6月】全日8:30~19:00
【7月】日曜日~金曜日8:30~19:00(土祝日を除く)
【8月以降】日曜日~金曜日8:30~17:00(土祝日を除く)

詳細は下記をご確認ください。
申請における「よくある不備」について

https://www.jizokuka-kyufu.jp/news/20200527.html

 

コロナで苦境…でも借金はしたくない。 そんな中小企業経営者に朗報、最大200万円の返済不要の給付金についてご紹介します~持続化給付金~(法人編)

http://kaikei.management/?p=835

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

なにか不安な点や質問がありましたら、気兼ねなくお電話またはメールにてお問合せください。

 


佐藤等公認会計士事務所

MAIL:お問い合わせフォーム

TEL:011-261-4460 (受付時間:9:00-18:00)


 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA