コロナで新事業をはじめた方必見!事業再構築補助金とは?

こんにちは。

このたび経済産業省より、新しい分野の展開や業態の転換、事業再編をするなど事業再構築に意欲のある中小企業等を支援する補助金の概要が公表されました。

たとえば「もともと飲食店だったが、飲食スペースを縮小しテイクアウトの販売を始める」、「店舗販売しか行っていなかったが、ECサイトでのオンライン販売を始める」など、新型コロナ感染症の流行により事業の再構築を予定されている方は当てはまるかもしれません。

中小企業等事業再構築促進事業による補助金

 

 

対象条件

以下3つのすべてを満たしている必要があります。

1.申請前の6か月間のうちどこか3か月の合計売上高が、コロナ以前の年の同月より10%以上減少している中小企業等。

※この場合の3か月は連続していなくても構いません。

2.認定経営革新等支援機関や金融機関と一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。

3.補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%以上増加(一部5.0%以上増加)、または従業員ひとり当たり付加価値額の年率平均3.0%以上増加(一部5.0%以上増加)を達成すること。

※付加価値額とは、営業利益、人件費、減価償却費を足したものとする予定です。達成できなかった場合の補助金の返還等のペナルティについては、現時点では未定となっています。

 

補助額・補助率

中小企業

通常枠 補助額 100万円~6,000万円
通常枠 補助率 2/3
卒業枠 補助額 6,000万円超~1億円
卒業枠 補助率 2/3

※卒業枠とは、事業再構築を通じて、中小企業から中堅企業や大企業への成長を支援する400社限定の特別枠です。①事業再編等、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金または従業員を増やし成長していただくことが条件となります。

 

 

中堅企業

通常枠 補助額 100万円~8,000万円
通常枠 補助率 1/2 (※4,000万円超は1/3)
グローバルV字回復枠 補助額 8,000万円超~1億円
グローバルV字回復枠 補助率 1/2

①直前6か月間のうちどこか3か月の合計売上高が、コロナ以前の同月と比べて15%以上減少している中堅企業。※グローバルV字回復枠とは、以下の要件を全て満たす100社限定の中堅企業向けの特別枠です。

②補助事業終了後3~5年で付加価値額または従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加を達成すること。

③グローバル展開を果たす事業であること。

 

 

緊急事態宣言特別枠

こちらは、中小企業や中堅企業のどちらにも共通に用意されている枠となります。
他の枠との併用はできません(緊急事態宣言特別枠での申請が不採択となった場合に他の枠で再申請をすることは可能)。

対象要件の3つに加えて、緊急事態宣言をうけて、令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している場合は、こちらにあてはまる可能性があります。

補助額 従業員数5人以下 :100万円~500万円
補助額 従業員数6~20人 :100万円~1,000万円
補助額 従業員数21人以上 :100万円~1,500万円
補助率 中小企業3/4
補助率 中堅企業2/3

 

申請の流れ 

「jGrants」という電子申請システムでの申請受付を予定しています。
利用する際に必要な「GビズIDプライム」の発行には2~3週間かかりますので、申請をお考えの場合は事前のID取得をおすすめいたします。

参照:「jGrants」 https://www.jgrants-portal.go.jp/

 

公募開始時期

公募が開始される時期は、現時点で3月を予定しています。
詳しくは経済産業省HPでの発表をお待ちください。

参照:「事業再構築補助金|経済産業省」 https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

 


アウル税理士法人

MAIL:お問い合わせフォーム

TEL:011-261-4460 (受付時間:10:00-17:00)


 

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA