休業要請に応えたらもらえる支援金‼ 北海道、札幌市の休業協力・感染リスク低減支援金(仮称)実施概要 まとめ ~札幌大通駅直結の税理士事務所がお伝えします

*本記事は令和2427日時点の情報を基に作成しています。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の短縮、感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者の方を対象に、北海道、札幌市では支援金を支払うことにしています。

 

 

支給対象者支給額について

 ここでは北海道と札幌市の支援金の金額を合わせてご紹介します。

①北海道の休業要請を受けた施設を休業した法人
…北海道から30万円

②北海道の休業要請を受けた施設を休業した個人事業者
…北海道から20万円 札幌市から10万円

③酒類を提供する上記を除く飲食店において、酒類の提供時間の短縮(19時まで)を行った法人及び個人事業者
…北海道から10万円 札幌市から20万円

④酒類の提供がない飲食店※で、営業の休止、営業時間の短縮など感染症防止対策を実施した法人及び個人事業者
※酒類提供を行っている事業者のうち、従来から19時以降の酒類提供を行っていない飲食店を含まれます。
…札幌市から30万円

 

結果として、支援金の受取の対象となる施設を営む事業者は、総額30万円受け取れることになるようです。

なお、①~③の対象者は北海道に申請(札幌市の上乗せ分は北海道の給付決定後に札幌市より支給、札幌市への申請は不要)、④の対象者は札幌市への申請となります。

出典:札幌市ホームページ 休業協力・感染リスク低減支援金実施概要

https://www.city.sapporo.jp/keizai/tradeinfo/shienkin/documents/jissigaiyou0426.pdf

休業要請等の対象施設一覧(北海道のホームページより)

基本的に休止を要請する施設はこちら

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/youseitaisyousisetu0420_2.pdf

基本的に休業要請を行わない施設(適切な感染防止対策の協力を要請)はこちら

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/youseisinaisisetu0420.pdf

 

休業期間について

 遅くとも4月25日(土)から5月6日(水)まで

※感染症の状況により、休業等期間が延長された場合、休業等の延長に協力する必要があります。

 

 

申請方法について

北海道への申請方法はこちら

札幌市への申請方法はこちら

 

まとめ

 北海道、札幌市では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業要請に協力した事業者に対し支援金を支払うことにしています。営業するか休業するか、どちらにしても厳しい状況の事業者は多いと思います。休業の選択をした場合は、ぜひこの支援金を活用していただきたいと思います。

また、ご自身が対象なのか?申請方法って具体的にどうするの?

といった不明点・ご質問、その他ご要望がありましたら、佐藤等公認会計士事務所(TEL:011-261-4460)までお気軽にご連絡ください。

 

もっと詳しくお知りになりたい方はこちらから。

北海道(休業要請等について)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/kyuugyouyousei.html

札幌市(新型コロナウイルスに係る休業等支援の給付)

https://www.city.sapporo.jp/keizai/tradeinfo/shienkin/shienkin.html

 

お問い合わせ先

北海道

休業要請専用ダイヤル
電話番号:011-206-0104、011-206-0216(8時45分~17時30分 4月25・26日は土日も対応)

札幌市

「休業協力・感染リスク低減支援金」専用ダイヤル
電話番号:011-211-2566(8時45分~17時15分、平日のみ)

 

 


佐藤等公認会計士事務所

MAIL:お問い合わせフォーム

TEL:011-261-4460 (受付時間:9:00-18:00)


 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA