貸借対照表に役立つ繰延資産についての勘定科目まとめ一覧

貸借対照表の資産には、プラスとマイナスがあります。

プラスになるものには「流動資産」「固定資産」「繰延資産」がありますが、ここでは「繰延資産」についての勘定科目の用語についてまとめてみました。

 

創立費

会社の設立費用 例えば、定款及び諸規則作成のための費用や証券会社の取り扱い手数料など

 

開業費

会社を設立してから営業開始までに支出した開業準備のための費用のこと オフィスの賃貸料や事務用消耗品費など

 

株式交付費

株式募集のための広告費や金融機関・証券会社の取り扱い手数料など株式交付等のために直接支出した費用

 

社債発行費

社債発行のための広告費や金融機関・証券会社の取り扱い手数料など社債発行のために直接支出した費用

 

開発費

新技術や資源の開発などに支出した費用

 

 

以上、貸借対照表で使われる繰延資産の勘定科目についてのまとめでした。

 


The following two tabs change content below.
アバター

佐藤等公認会計士事務所

この記事は2021年1月4日以前に執筆されたものです。 佐藤等公認会計士事務所は令和3年1月4日をもって鈴木康弘税理士事務所と経営統合し、アウル税理士法人となりました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA