札幌市の税理士事務所が紹介・経営改善事例!電機製作所の成功事例

経営者の皆さん

 

会社の経営が苦しい時にどんなことをお考えになりますか?売上が下がってきたときにどんな決断が必要だと思いますか?

 

本日は、当社代表の佐藤が書きましたドラッカーを読んだら会社が変わった!に、紹介されている電機製作所のイノベーションを興し、新たな収益を作った事例を紹介したいと思います。

 

著書は、札幌市の公認会計士事務所代表で多くのドラッカーマネジメントに関する著書がある当社代表の佐藤と、元証券マンでその後独立されて多くの企業顧問としてマネジメントの指導をされているDサポート(株)の清水先生です。

 

では、さっそく苦しい会社を救った経営者の決断のお話を見てみましょう!

 

【ドラッカーを読んだら会社が変わった!】の物語② 物語③の要約をどうぞ。

 

埼玉県桶川市の電機製作所 株)日興電機製作所の物語

 

祖父の代から続いてきた会社で現在は、3代目の 代表 和光良一さんが会社の経営を担っています。

近年の通信機器の発展は目覚ましく変化も急速です。時代がすすみ、3代目が会社を継いだときには経営は右肩下がり

 

通信用ケーブルが、金属製ケーブルから光ケーブルへ移行するなか対応が遅れた日興電機製作所は、ピークの15億円の売上が、5億円までに落ち込んでいたそうです。

 

~赤字事業の撤退と、イノベーションの種の事例 要約~

 

赤字事業から撤退する決断の事例

日興電機製作所は従業員の解雇や、その他事業に関わるコスト削減でなんとか乗り切ってきたが、削減だけの対策は、和光良一さんが社長になって4年で行き詰った。もう、新商品を開発していくしかない。

 

そこで社長は何をしたのか?

 

なんと、売上の9割は占める得意先に納品していた商品の一つの撤退をまず決めたのです。なぜなら、この商品は材料費が非常に大きな割合を占める大赤字商品だったのです。

 

しかい、長年の付き合いや、売上が大きかった点、父がコンペで勝ち取った歴史などでやめるにやめられない状況が続いていた商品だったのです。

 

しかし、社長の心に響いていたドラッカーの言葉がありました

 

【集中の為の第1の原則は、生産的ではなくなった過去のものを捨てる事である】

(経営者の条件より)

 

なかなか、新しい商品開発やマーケットの開拓に手が付かない状態だった会社で、まず行ったことは、赤字商品の撤退と、なかなか賞が取れない年1回のコンペの参加を取りやめ

 

他の新しい売り上げの当てがなかった当時はなかなか決断できなかったそうです。

 

しかし、この決断が人員や時間の余裕を生むことで次の小さな発見になったのである。

 

小さなヒットを見逃さずに、ヒット商品を生む事例

 

利益が出ていて、売上が右肩上がりの商品が1つだけあった。全体の売上の5%にも満たないが、毎年売上が伸びていたのがナンバーディスプレーアダプターである。

これは旧式のディスプレイ対応していない機器にナンバー表示させるための接続器なので、新しい対応機が出てきて徐々に必要なくなっていく商品で、社内では終わった製品という位置づけであった。

 

しかし、購入先に聞き取りなどを行うと、実は購入しているシステム会社が飲食店や美容室の着信ナンバーとパソコンの顧客情報システムと連携させる為に使えると重宝していたのである。

 

そこで本格的にニーズに合わせた開発などを行いこの商品は、全体の売上の20%強になるまで成長したのです。

 

・・・・・・要約 ここまで・・・

 

いかがでしたか?

 

廃棄することで見えてくるものがあるのです。

 

ドラッカーを読んだら会社が変わった!では、今回の事例の様にイノベーションを興す時には、まず【分析】の前に【知覚】することの重要性を説くなどドラッカー マネジメントのポイント、言葉を使いわかりやすく解説しています。

 

より詳しく読みたい方は、本書をご覧ください。または、実践するマネジメント読書会は全国で定期的に開催されているので参加者や、佐藤から直接お話を伺ってみてください!

 

ちなみに、物語に登場されている日興電機の和光社長も、佐藤等主催のドラッカー読書会に参加されています。

 

興味を持った方はぜひ気軽にお問合せ、ご参加いただければと存じます。

(下記に読書会の連絡先などを書いておきますね!)

 

【今日の響いた言葉】

今回心に響いた一節は、和光社長の『ドラッカー教授に導かれて、我々を本当に必要とする顧客を見つけた』という言葉です。

 

マーケットにいかに価値あるものを提供し続けていくのか?

 

この変化する市場で経営者の悩みや苦悩、努力が垣間見える言葉です。これからもこの変化する市場でご活躍を祈らずにはいられません。

 

今回ご紹介させて頂いた皆様の関連サイト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

読書会・ビジネス塾の運営会社 Dサポート㈱

 

読書会参加者の皆さんがドラッカーを学びアウトプットしているブログ

 

佐藤先生もブログを書かれています

 

今回の物語に登場された 和光さんが書いているブログ

 

読書会の様子を紹介したブログ

 

ドラッカーに学ぶマネジメント―第3回 重要!廃棄と集中という順番

 

究極の読書感想 「ドラッカー名著集1  経営者の条件 」 レビューはこれだ!2018年8月度版

 

株)日興電機製作所 代表 和光良一さん

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA