副業でホステスを始めた人は要注意! ホステスも確定申告の対象者になる?

 

コロナ禍による収入減などの影響により、副業でホステスなどの水商売を始めた人は確定申告の必要があるか、今一度確認をした方が良いでしょう。

本記事では、副業でホステスを始め、これまで確定申告とは無縁だった方を対象に以下の内容について解説していきます。

 

  • 確定申告の対象になる基準
  • 確定申告をしないとどうなる?
  • 会社にバレないで確定申告できる?
  • 困った時は専門家へ相談が一番

この記事を監修している税理士法人

アウル税理士法人

確定申告の対象になる基準

ホステスを本業でやっている方は当然ながら確定申告をする必要がありますが、週1〜2回、などのスキマ時間を利用してホステスをしている場合は確定申告の必要があるのでしょうか?

結論を先に言うと、年間の所得が20万円以上か否かという基準があります。その中で、ホステスの場合、考えられる2つのパターンがありますので1つずつ見ていきましょう。

 

① 副業で「従業員」として「給料」をもらっている

副業でホステスをしており、お店側と『雇用契約』を結んでいるケースです。主にパートアルバイトがこれに該当します。

年間の所得が20万円を超えると確定申告の対象となりますが、それ以下でも確定申告をすると、納めた税金が戻ってくる可能性があります。毎月の給与明細で源泉徴収されていたら確定申告をすると良いでしょう。

なお、副業の場合は収入の多い勤務先で年末調整を行います。収入の少なかった方の給料が20万円以下なら確定申告は不要、20万円以上なら確定申告を行う必要がありますので注意してください。

 

② 副業で「個人事業主」として「報酬」をもらっている

副業で『雇用契約』を結ばずに就業しているケースです。こちらも同じく年間の所得が20万円を超えると確定申告をしなくてはいけません。

曖昧になる可能性としては、実際は「業務委託契約」であるにも関わらず、報酬を給与袋でもらい、給与明細が出ているケースです。

自分の業務形態が「雇用」なのか「業務委託」なのかをしっかりと確認し、後のトラブル防止に努めましょう。

 

ここで言う所得は、基礎控除や経費を差し引いたもので、「収入」ではないので注意してください。

 

確定申告をしないとどうなる?

申告義務がありながら申告をしなかった場合、様々なペナルティが課されます。どのようなペナルティが課されるのか、ここで確認していきます。

 

無申告加算税

納付すべき税額に対して、50万円までは15%50万円を超える部分は20%の上乗せをした無申告加算税が課せられます。

こちらは、税務署に指摘される前に自主的の納税した場合の無申告加算税は5%に軽減されます。

 

延滞税

延滞税は納付期限の翌日から自動的に計算されます。多くは加算税とセットとして納税しなくてはいけません。

 

その他

納税の義務があるにも関わらず、わざとに確定申告をしなかった場合、「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または、その両方」が科せられることになります。

また、単純無申告で故意ではない場合でも「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられることがあるので注意が必要です。

 

会社にバレないで確定申告できる?

会社にバレたくないといった理由で確定申告をしたくない方もいるでしょう。

結論を言うと、会社にバレずに確定申告をすることも可能です。

会社に副業がバレてしまうのは、会社への住民税の通知によるところが大きな原因です。

なぜなら、住民税は本業と副業の所得を合わせた金額で決定されるからです。

決定された住民税は、本業の会社の給与から特別徴収という形で天引きされることが多いため、本業から算出される住民税よりも明らかに住民税の額が高くなっていれば、給与担当者に不審に思われてしまうのです。

 

バレないで副業するには

会社にバレたくない場合は、住民税の徴収方法を特別徴収から普通徴収に変更すると良いでしょう。

徴収方法を変更するには、確定申告の際に住民税の徴収方法の選択を「自分で納付」に丸をつければOKです。

 

困った時は専門家へ相談が一番

副業で始めたホステスでも、人気が出て稼働が増えてくるとそれに伴い収入も増えてきます。

いつの間にか本業の収入も超えてしまったなんて事も起こり得るかもしれません。

そうなってくると、出費も増え経費計上する項目も増えてくるため、経理の負担が大きくなってしまいます。

 

稼働が増え、収入が増えてきたタイミングで税理士に相談することをおすすめしています。そうすることで、トラブルの防止にも繋がりますし、経理にかかっていた時間を減らす事ができ、自分の使える時間が増やすこともできます。

 

アウル税理士法人では、無料相談を行っておりますので、気になった方はお気軽にまずはご相談ください。

アウル税理士法人

お問い合わせフォーム

TEL:011-261-4460 (受付時間:平日 9:00-18:00)


無料相談専用予約フォーム