コロナで複数バイトしてる方は必見!確定申告の注意点を紹介します!【札幌 税理士】

 

以前、新型コロナウイルスによる収入減で新しくアルバイトを始めた人のために、確定申告についてご紹介しました。 

コロナでバイト始めた人は注意!複数の収入の場合は確定申告について要確認!【札幌 税理士】 

 

コロナ以外にも、年金制度などの将来の不安を覚える方も増えてきていることでしょう。同時に働き方改革の流れも加速しており、一つの会社に縛られない働き方をする人々も増加傾向にあります。会社勤めとは別に副業を行う人はますます増えていくことが見込まれます。 

会社勤めでは会社が確定申告してくれますが、副業をしている場合にはご自分で確定申告を行う必要があるケースがほとんどです。 

確定申告の際の注意点や、確定申告をしないとどうなる?というところをしっかり押さえ、正しく確定申告できるよう準備しておきましょう。

 

【副業の収入はどの種類の所得に当たる?】 

所得税法では、どのような手段によって所得を得たかによって、所得の種類が10種類に分類されています。所得区分によって、確定申告の方法や経費の取り扱いなどに違いがあるので注意しましょう。 

副業収入が該当する可能性がある所得は、おおむね以下の3種類です。 

 

〇給与所得 

副業先と雇用契約を締結し、それに基づいて給与や賞与を受け取っている場合には、副業収入は「給与所得」に該当します。 

たとえば店舗などでの時給制のアルバイトなどは、その多くが給与所得に該当するでしょう。 

副業収入が給与所得の場合、本業の給与収入とともに、それぞれの源泉徴収票を参照して所得の金額を申告すれば良いため、手続きは比較的シンプルです。 

 

〇事業所得 

副業先の指揮命令系統に入らず、副業をする人が独立して事業を営んでいる場合には、副業収入は「事業所得」に該当します。 

よくあるパターンは、副業先と締結している契約が「雇用契約」ではなく「業務委託契約」である場合や、在宅で案件ごとに仕事を受注して報酬を受け取っている場合などが考えられるでしょう。 

 

しかし、副業収入が事業所得と認められるためには、「客観的に見て事業として成立していること」が必要です。たとえば、本業に匹敵する副業収入がある場合や、本業並みに時間を割いて副業に取り組んでいる場合などは、副業収入が事業所得と認められる可能性が高いでしょう。事業所得を得ている人は、青色申告・白色申告にかかわらず、帳簿の作成・保存義務を負う点に注意が必要です。 

 

〇雑所得 

給与所得にも事業所得にも該当しない副業収入は、「雑所得」に該当するケースがほとんどです。 

たとえば在宅ワークで時々仕事を請け負っているものの、お小遣い稼ぎ程度で、それほど収入が大きくないケースなどが考えられます。 

雑所得の場合、帳簿の作成・保存義務も発生せず、確定申告においても金額などを記載するだけで良いため、申告の手続きは非常にシンプルです。 

その反面、青色申告ができない点で、事業所得に比べて節税のメリットは小さくなります。 

 

【確定申告しなかった場合はどうなる?】 

副業で得た収入を確定申告しなかった場合、無申告加算税が課せられます。これは罰則となり、納税額の15~20%も加算されてしまいます。さらに延滞税などがかかってくることがあるので、結果的に支払う税金が増えてしまうのです。 

ただし故意ではなく申告を忘れてしまい、自分から税務署へ申告すれば、無申告加算税は免除か減率されることもあります。 

 

副収入が少ない場合など、確定申告しなくても良い場合もありますが、たいていは必要となってきますので、こちらの記事で自分が確定申告が必要かどうかをしっかり確認しましょう。 

コロナでバイト始めた人は注意!複数の収入の場合は確定申告について要確認!【札幌 税理士】 

 

収入以外にも副業は大きなメリットがあります。デメリットについても理解し、本当に副業が必要かどうかを確認しましょう。 

コロナで収入が減った!?正社員でバイトを検討している人はご覧ください!注意点をお伝えします!  

 

【まとめ】 

最初は戸惑うかもしれませんが、しっかりとした申告を行っておけば、後から税務署からの指摘を受ける可能性も小さくなります。確定申告は手間がかかるというイメージが強いものですが、確定申告の正しい知識を持ち、損をしないようにきちんと申告していきましょう。 

必要に応じて専門家に確認するなどして、正しい知識を備えておきましょう。 

 

 


The following two tabs change content below.
アバター

佐藤等公認会計士事務所

この記事は2021年1月4日以前に執筆されたものです。 佐藤等公認会計士事務所は令和3年1月4日をもって鈴木康弘税理士事務所と経営統合し、アウル税理士法人となりました。
無料相談専用予約フォーム